インプラント矯正についての情報を紹介しているサイト

インプラント矯正の気を付けなければいけない点とは

アンカースクリューの脱落が起きることも

インプラント矯正は、アンカースクリューというネジを埋め込むことで行う矯正方法ですが、支点となるアンカースクリューが安定しなかったり、脱落してしまうなどの現象は割と起きやすい事例です。
しかし、もしそのようなことが起きても放置せずすぐに医院で対処すれば大丈夫ですし、処置も10分程度で体に負担も無くすることができます。
口腔内は環境や生活習慣などによっても日々変化するものなので、デリケートな状態にある時はこうしたことが起きる可能性もあることは事実です。

ドリルで顎の骨に穴を空けるなど処置をして行う訳ではないため通常のインプラントに比べると安定性において少し脆弱性がある部分もありますが、起きた場合は対処すれば大丈夫ということを覚えておきましょう。
メリットの方が多い矯正方法として内心では推奨したい歯科医もいる矯正方法です。

日頃のケアはより丁寧にする必要がある

インプラント矯正自体の痛みについては、インプラントというくらいだから相当痛むのではないかと思う人もいるでしょうが、局所的にネジを埋め込む作業があるものの顎の骨にダイレクトに施術を行う訳ではない上、埋め込む箇所には麻酔も行うため、施術自体の痛みは少ない矯正方法であると言われています。

しかし、こうした施術後は皆そうであるように、術後のケアについてはより念入りにするくらいが丁度よいといえます。
もちろん、日頃からブラッシングは丁寧に行うのが理想ですが、術後は更に余計な力を加えずなお且つ磨き残しの無いよう隅々まで磨いていることが大切です。
磨き残しをそのまま放置した状態が続くと歯肉炎や虫歯などの原因となって、その炎症から痛みが出ることがあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る