インプラント矯正についての情報を紹介しているサイト

コストをかけても矯正する理由とは

骨に支点を作る矯正方法

歯科矯正というと、固定された歯をワイヤーで徐々に動かしていったり、マウスピースで型に嵌める方法などが有名ですが、インプラント矯正はという方法も存在します。
これは、患者の歯茎付近の骨にアンカースクリューという微小なネジを埋め込むことで、そこを支点として複数の歯や、動かすのが難しい歯についても十分に作用した矯正を可能にする矯正方法です。
名前がインプラントとありますが、削ってボルトを埋め込むなどの外科的手術を行う訳ではありません。

支点を基軸とした矯正ができるため、通常のワイヤー矯正に比べて治療期間が少なく済む可能性があるなどのメリットがあります。
治療後は埋め込んだネジを除去するため、人によっては矯正にかかるストレスも少なく済むでしょう。

インプラント矯正は新しい治療法

インプラント矯正は、今はまだその名前もあまり知る人が多くないことでも明らかなように、新しい矯正方法です。
新しいがゆえに、まだ導入している歯科医院自体もあまり多くはありません。
もしインプラント矯正を受けたいと考えるのであれば導入している医院を探すことが必要でしょう。

新しい矯正方法であり治療例も他の治療実績に比べて少ないので、不安に思う人もいるかもしれませんが、実際は口腔内への負担が少ないことや、難治性の状態の歯でも矯正が可能になるなどメリットも大きいです。
しかし、新しさに加えてネジを埋め込む必要性など特殊な面もあるため、歯科医師から提案はされてもインプラント矯正をするかどうかは患者側の判断によって行われます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る